不眠症の症状を簡単チェック!

不眠症の症状を簡単チェック!

不眠症の症状は4つに分かれます。

 

  • 入眠障害
  • 中途覚醒
  • 早期覚醒
  • 熟眠障害

 

ひとつずつ解説します。

 

当てはまるのはあるでしょうか?

 

 

入眠障害

入眠障害とは、布団やベッドに入って寝ようと思っても1時間以上眠れない、

 

っていう症状です。

 

これは自律神経の乱れも原因の一つですが、ストレスや精神的な不安や問題が原因です。

 

明日が嫌だなとか、これから不安だなって考えていると、内面の不安や緊張が強くなり眠りになかなかつけないのがあります。

 

 

中途覚醒

 

中途覚醒とは夜中に目が覚める現象です。

 

日本人の4人に1人がこの睡眠障害に悩まされていると言われています。

 

主に寝ても(睡眠中)何度も目が覚める、目が覚めたらなかなか寝付けなくなった。などです。

 

年齢を重ねると症状がでる人が多く、中高年の睡眠の悩みとしてあります。

 

 

早期覚醒

 

早期覚醒とは朝早く目覚める現象です。

 

起きようと設定した時刻よりも早く起きる現象です。

 

設定時刻の10分や30分とかではなく2時間以上も前に目が覚めてしまうって悩みです。

 

また、予定より2時間も3時間も早く目が覚めてしまったのに二度寝ができず、そのまま寝れずに起きてしまうのも悩みを大きくしています。

 

高齢者に多いです。

 

 

熟眠障害

 

しっかりと睡眠時間をとっているのに、なんだか眠った実感がない現象です。

 

寝た感覚が無い、熟眠感が無いなどを感じます。

 

睡眠時間が原因ではなく、上述したポイント1,2,3のタイプの不眠症を伴っている場合もあります。

 

更に詳しくは⇒もしかして・・・不眠症かも?【不眠症の原因ってなに?】

 

 

まとめ

 

体内コントロールが正常に働いていないので不眠症になってしまうことがほとんどです。

 

しっかりとした睡眠を得るには体内コントロールを正常にするのが一番ですが、一度乱れてしまうと戻すのは難しいです。

 

飲み薬などで正常にしたりできますが、薬は必ず副作用があります、それとずっと続けていくとなるとお金も維持することになるので長く考えるとオススメはできません。

 

現在体内コントロールを正常化することに医学的にも睡眠学的にも認められているのが朝光を2,500ルクス以上浴びることと言われています。

 

2,500ルクス以上の光を浴びることで目覚めを促す「セロトニン」を脳内に沢山分泌されます。

 

目覚めも良くなり、セロトニンは夜になると眠気を促す「メラトニン」に変わります。

 

メラトニンの影響で夜は眠くなります。

 

 

朝光を浴びてセロトニンを沢山作るっていうことで質の良い睡眠ができるようになります。

 

当サイトのおすすめは光目覚まし時計inti SQUAREシルバー(インティスクエア)です。

 

体内コントロールが正常になり睡眠で悩むことが無くなりますよ。

 

 

 

当サイトおすすめ

 

 


関連ページ

もしかして・・・不眠症かも?【不眠症の原因ってなに?】
不眠症の原因は脳内に分泌される「メラトニン」の減少が原因とも言われています。メラトニンは加齢と共に減少していくのも現在わかっています。お年寄りが朝早く起きるっていうのもメラトニンの減少の為とわかっています。その他の不眠症の原因は?メラトニンの減少とは別に不眠症の原因はたくさんあります。精神的ストレス人間関係の悩み昼夜逆転による睡眠リズムの乱れ精神疾患(うつ病、不安神経症)薬の副作用などです。当てはまるのはあるでしょうか?
子供が起立性調節障害です。治すにはどうしたらいいですか?
子供が起立性調節障害かも?起立性調節障害の症状の特徴としては、朝起きられない立ちくらみ身体がダルイ午前中の食事がとれない失神発作頭痛夜寝られないイライラするがあります。まず家族(親御さん)が子供の病気を理解するところからじゃないと治るものも治りません。ただ学校に行くのが嫌なんだろう?とか、夜まで起きてるから朝ダルイんだろ?とか、こういう考えの言葉を子供に言っても病気は治りません。子供は頑張って起立性調節障害に向き合っています。
自律神経失調症と睡眠不足の関係って?【不眠症を治す】
自律神経失調症と睡眠不足は切っても切れない関係です。不眠症とは夜布団やベッドに入ってから数時間も眠りにつけないっていう症状です。夜なかなか眠れない・・・この眠れない=睡眠不足が、精神的のストレスの原因になってしまい、自律神経が乱れる。これが更に自律神経失調症の原因にもなってしまいます。最悪な睡眠障害の悪循環ですね。元々は不眠症なので、不眠症を改善できたら悪循環から解放されます。解放されると睡眠ストレスが改善していくので症状は良くなっていきます。自律神経失調症・不眠症を改善する方法
睡眠と光療法の効果について【寝たいけど寝れない・寝たのに眠い…】
睡眠への光療法は主に体内リズムを正常化するために行います。光を浴びるといっても照度が一番の問題で、2,500ルクス以上の光を5分から30分浴びないと意味がありません。疲れていても夜寝れない ベッドに入って数時間眠れない朝起きれない光療法ではセロトニンの増加で目が覚める、夜になるとセロトニンがメラトニンに変わるので眠くなる。この体内コントロールを正常化することが目的です。過度な運動をして眠くさせたり、アルコールを飲んで入眠させたりしてもその日限りの効果なのでオススメできません。