自律神経失調症と睡眠不足の関係って?【不眠症を治す】

自律神経失調症と睡眠不足の関係って?【不眠症を治す】

自律神経失調症と睡眠不足は切っても切れない関係です。

 

不眠症とは夜布団やベッドに入ってから数時間も眠りにつけないっていう症状です。

 

夜なかなか眠れない・・・

 

 

この眠れない=睡眠不足が、精神的のストレスの原因になってしまい、

 

自律神経が乱れる。

 

これが更に自律神経失調症の原因にもなってしまいます。

 

 

最悪な睡眠障害の悪循環ですね。

 

 

元々は不眠症なので、不眠症を改善できたら悪循環から解放されます。

 

解放されると睡眠ストレスが改善していくので症状は良くなっていきます。

 

 

自律神経失調症・不眠症を改善する方法

 

いつもより30分早めに起床する

 

いつもの起床時間よりも30分早めに起きることで、自然と夜眠くなるのが早くなります。

 

不眠症だから少しでも長く寝ていたいって思うのもわかりますが、実は早く寝るには早く起きることが得策です。

 

 

適度な運動をする

 

朝や日中(太陽がでている時間帯)に1日15分ほどのウォーキングをしましょう。

 

身体を動かすと体力を使うので夜眠くなる効果はありますが、それとは違います。

 

2,500ルクス以上の光を5分〜30分浴びると脳内に「セロトニン」が分泌されます、このセロトニンは目を覚ます効果の物質です。
2,500ルクスの光を浴びると脳内にどんどん増加していき目が覚めます。

 

夜になるとセロトニンは「メラトニン」へと変化します。

 

メラトニンは眠気を誘う物質です。

 

朝、脳内にセロトニンが多く作られたら夜多くメラトニンに多く変わります。

 

多ければ多い程眠気が増すので眠れます。

 

 

寝る前はブルーライトを避ける

 

テレビ、スマホ、パソコンが発しているブルーライトは脳を興奮させてしまうので眠る効果とは真逆のことをしています。

 

眠りにつく1時間前からテレビ、スマホ、パソコンを使用しないようにしましょう。

 

 

不眠症を治すために必要なポイントを3つ紹介しました。

 

何よりも光を浴びることが最も重要な要素です。

 

当ブログのオススメは光目覚まし時計intiSQUAREシルバー(インティスクエア)です。

 

最高照度20,000ルクス、光源から離れて3,500ルクスの光を目覚ましとして毎朝放出してくれます。

 

目覚める前から脳内にセロトニンが増加して起きる準備が自然にできます。

 

またセロトニンが増加するので夜は眠気成分メラトニンへと変わるので夜はグッスリ眠れます。

 

不眠症の改善として医学的にも睡眠学的にも効果が認められている光目覚ましです。

 

全額返金保証がついているので損しないで手に入れることができるので、不眠症で悩んでいるなら一度使ってみてください。

 

簡単1分登録で2、3日後には届きますよ。

 

光で体内コントロールを正常にして書いてきな睡眠をてにしてください。

 

 

 

当サイトおすすめ

 

 


関連ページ

もしかして・・・不眠症かも?【不眠症の原因ってなに?】
不眠症の原因は脳内に分泌される「メラトニン」の減少が原因とも言われています。メラトニンは加齢と共に減少していくのも現在わかっています。お年寄りが朝早く起きるっていうのもメラトニンの減少の為とわかっています。その他の不眠症の原因は?メラトニンの減少とは別に不眠症の原因はたくさんあります。精神的ストレス人間関係の悩み昼夜逆転による睡眠リズムの乱れ精神疾患(うつ病、不安神経症)薬の副作用などです。当てはまるのはあるでしょうか?
不眠症の症状を簡単チェック!
不眠症の症状は4つに分かれます。入眠障害中途覚醒早期覚醒熟眠障害ひとつずつ解説します。当てはまるのはあるでしょうか?布団やベッドに入って寝ようと思っても1時間以上眠れない、っていう症状です。これは自律神経の乱れも原因の一つですが、ストレスや精神的な不安や問題が原因です。
子供が起立性調節障害です。治すにはどうしたらいいですか?
子供が起立性調節障害かも?起立性調節障害の症状の特徴としては、朝起きられない立ちくらみ身体がダルイ午前中の食事がとれない失神発作頭痛夜寝られないイライラするがあります。まず家族(親御さん)が子供の病気を理解するところからじゃないと治るものも治りません。ただ学校に行くのが嫌なんだろう?とか、夜まで起きてるから朝ダルイんだろ?とか、こういう考えの言葉を子供に言っても病気は治りません。子供は頑張って起立性調節障害に向き合っています。
睡眠と光療法の効果について【寝たいけど寝れない・寝たのに眠い…】
睡眠への光療法は主に体内リズムを正常化するために行います。光を浴びるといっても照度が一番の問題で、2,500ルクス以上の光を5分から30分浴びないと意味がありません。疲れていても夜寝れない ベッドに入って数時間眠れない朝起きれない光療法ではセロトニンの増加で目が覚める、夜になるとセロトニンがメラトニンに変わるので眠くなる。この体内コントロールを正常化することが目的です。過度な運動をして眠くさせたり、アルコールを飲んで入眠させたりしてもその日限りの効果なのでオススメできません。